小規模通所作業所連絡協議会の勉強会

2005年3月18日(金)

長崎総合福祉センターで長崎小規模通所作業所連絡協議会の勉強会が行われました。
その内容は来年度から施行されるグランドデザインの説明でした。
表向きは障害の枠をなくし福祉にかかる費用を平等にする制度です。でも裏を返せば、小泉総理が発言した「取れるところから取ればいい」政策そのものです。
小規模通所授産に働く仲間達からも使用料を取るようになっています。変な話です。
授産所の僅かな給与の中から利用料を取れば何も残らないで手出しするメンバーが多数います。それでは働くに意味も喜びもありません。
公の場に出て当事者達が現場の状況や意見を発言しなければ何も変わりません。
こらからもドンキーワールドはいろんな所に出て行き発言したいと思います。



c0069372_1136769.jpg

[PR]
←menu